お電話はこちら 06-6991-0225
  • お問い合わせ
  • English
Cosmetic dentistry

審美歯科

title

審美歯科

審美歯科とは?

審美歯科は、ただ単純に見た目を治すだけではなく、口腔内全体が色調や形のバランスがとれた美しさを得られ、なおかつ機能的にも調和するように追求する歯科医療分野です。
具体的には、良質な材料を使った補綴物(被せ物や詰め物)による歯の修復や、歯の漂白などにより色調を合わせます。

当院では、患者様のライフスタイルと口の状態にあった方法で、機能的かつ自然で美しい口元を実現いたします。 機能的で美しい口元は、患者様の笑顔の魅力を向上させ、自信と活力を得ることにつながります。
口元の見た目でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

審美歯科とは?

補綴治療について

虫歯や事故などによって損傷してしまった歯を、被せ物や詰め物を使って修復するのが補綴治療です。
保険適用の銀歯やプラスチック素材では美しさの追求には限界がありますし、材質的にも不安があります。審美歯科では、天然歯に近い良質な素材を使った被せ物や詰め物によって、見た目が美しいだけでなく機能や耐久性に優れた歯に仕上げることができます。

補綴物の種類

補綴物とは、被せ物や詰め物のことを指します。当院の審美歯科では、下記のようにさまざまな種類の補綴物から患者様の口の状況とご要望にあったものを選択することができます。

オールセラミック

セラミックのみで金属を使用せず作製された詰め物や被せ物です。セラミックは、透明感のある美しい色調を再現することのできる素材です。表面が滑らかなので、汚れやプラークも付着しにくく、変色等に強い素材でもあります。
被せ物の場合、表面だけでなく内側の土台も金属を無くすことで、より天然の歯に近い色調と透明感を再現することができます。そのため、前歯のように見た目が気になる部分の治療に特に適しています。
金属を使用しないので、金属アレルギーの方にも使用できます。

オールセラミック

ジルコニア

酸化ジルコニウムを利用した被せ物です。
ジルコニアは、二酸化ジルコニウムを安定化させたセラミックで白いメタルといわれるほど強度があり、耐久性に優れています。
強度や耐久性はオールセラミックよりも高く、奥歯にも使用できます。
見た目も白く透明感のある色調を再現できますが、未だ細部再現性は金属には劣ります。

ジルコニア

セラモメタルクラウン(メタルボンド)

内側のフレーム部分が金属製で、そこにセラミックを焼き付けた、表面の歯冠部分がセラミック製の被せ物です。
内側が金属なので強度が高く、前歯だけでなく奥歯やブリッジなど、幅広い症例に対応することができます。
透明感はオールセラミックやジルコニアより劣るものの、表面がセラミックなので、白く自然な歯に仕上がります。

メタルボンド

ゴールド(歯科用金合金)

金合金や白金加金といった貴金属を加工した詰め物や被せ物です。
見た目は若干目立つものの、適度なやわらかさと強度があるため、従来より歯にもっとも適合する補綴材用です。

ゴールド

ゴールドによる補綴物

当院では、機能面と耐久性を追求したい方には、僕自身装着しているゴールド製
の補綴物による治療をお勧めしております。
ゴールドはやわらかい金属なので、歯にフィットした隙間のない精巧な補綴物を
作製することができます。隙間がないので虫歯が再発しにくく、適度なやわらか
さは天然歯に近いため、噛み合う歯に負担をかけません。
これらの特長から、見えにくい奥歯の治療、特に神経があるオンレー(歯冠の上
部全体を覆う大きな詰め物)には最適です。

ゴールドによる補綴物の特長

ゴールドによる補綴物の特長

ホワイトニング「

歯を白くする施術

ホワイトニングは、歯磨きでは除去することのできない歯の着色を、専用の薬剤を使って漂白する施術です。患者様のお好みの色調になるまで白くすることができます。
白く美しい歯は、清潔感があり若々しい印象を与えるため、エイジングケアを目的としてホワイトニングを希望される方も増えています。

ホワイトニングの方法には、「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」があり、患者様のライフスタイルやご要望に合わせてお選びいただけます。

歯を白くする施術

ホームホワイトニング

ホワイトニング用のマウスピースを作製いたしますので、ご自宅でそのマウスピースに薬剤を塗布し、それを毎日数時間装着していただきます。
低濃度の薬剤で少しずつ歯を白くしていくため、希望の色調になるまで約1~2週間はかかりますが、歯への負担は少なく、白さが持続します。

オフィスホワイトニング

歯科医院にて歯科医師や歯科衛生士が施術を行ないます。
高濃度のオフィスホワイトニング用の薬剤を歯に塗布した後、光を照射します。これにより、薬剤が歯に付着している色素を強力に分解し、白くしていきます。
1回の施術でかなり白くすることができますが、患者様によっては目標の白さになるまで何度か通院いただきます。
歯科医院にて歯科医師や歯科衛生士が施術を行ないます。
高濃度のオフィスホワイトニング用の薬剤を歯に塗布した後、光を照射します。
これにより、薬剤が歯に付着している色素を強力に分解し、白くしていきます。
1回の施術でかなり白くすることができますが、患者様によっては目標の白さになるまで何度か通院いただきます。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用したホワイトニングで即効性と持続性の期待が持てます。

ウォーキングブリーチ

歯の神経が治療してあり、歯が変色している場合に行う方法です。
神経が入っていた、歯間部歯髄腔に薬剤を入れて漂白を行います。何度か通院は必要になります。