お電話はこちら 06-6991-0225
  • お問い合わせ
  • English
Orthodontic

矯正歯科

title

矯正歯科

歯並びが悪いとどうなる?

矯正歯科では、不正な歯並びを整えて歯の機能と見た目を改善します。
歯並びが悪いと、見た目の印象がよくないだけでなく、歯磨きがしにくいため、虫歯や歯周病にかかりやすくなってしまいます。
また、歯並びが原因で噛み合わせが悪ければ、食事や運動などで口元に力を入れる際に口の周囲の筋肉への力のかかり方のバランスが悪くなり、それが偏頭痛や肩こりの原因になってしまう場合があります。

あなたの歯並びは不正咬合?

上下の歯が適切に噛み合っておらず、歯並びが悪い状態のことを「不正咬合(ふせいこうごう)」といいます。不正咬合には下記のようにさまざまなタイプがあります。

叢生(そうせい)
叢生(そうせい)

歯がきれいに一列におさまりきらず、歯列の外側や内側に重なってデコボコに並んでいる状態です。八重歯も叢生のひとつです。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上の歯列が下の歯列よりも大きく前方に突出している状態です。一般的に出っ歯とよばれる歯並びです。

下顎前突(かがくぜんとつ)
下顎前突(かがくぜんとつ)

下の歯列が上の歯列よりも大きく前方に突出にしている状態です。受け口ともいいます。

開咬(かいこう)
開咬(かいこう)

奥歯を噛み合わせたとき、上の前歯と下の前歯が噛み合わず、隙間ができる状態です。
前歯が噛み合わないので、食べ物を噛み切りにくく、隙間があるために空気が漏れて適切な発音ができない場合があります。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下の歯列がともに前方に突出している状態です。口が閉じにくく、唇を傷付けやすい歯並びです。

過蓋咬合(かがいこうごう)
過蓋咬合(かがいこうごう)

上下の歯を噛み合わせたときに、上の歯列が下の歯列に深く噛み込んでしまい、下の歯列がほとんど見えない状態です。

矯正治療のメリット

矯正治療で歯並びを整えることにより、見た目がきれいになるだけでなく、不正咬合による歯や体への悪影響を解消するなど、たくさんのメリットがあります。

笑顔の印象をアップさせる

きれいな歯並びは清潔感のある魅力的な笑顔をつくり、あなたの印象をアップさせます。

歯を衛生的に保ちやすい

歯並びを整えることで歯ブラシが届かなかった部分もしっかりと磨くことができるようになります。これにより、虫歯や歯周病からも歯を守りやすくなります。

しっかり噛むことができる

治療前は噛み切ることができなかったものも、十分に噛み切れるようになります。これによって消化を助け、栄養の摂取効率も高まります。

はっきりと正しく発音できる

歯と歯の間に大きな隙間があるために空気がもれてはっきりと発音ができなかった方も、歯並びを改善することで、正しく発音できるようになります。

身体の不調を改善する

不正咬合が原因の顎関節症や頭痛、肩こりなどの身体の不調を改善することができます。

運動能力を向上させる

スポーツなどで力を入れて踏ん張るときには、奥歯が適切に噛み合っていることが大切です。噛み合わせを改善することによって、歯をしっかりと食いしばれるようになり、運動能力を向上させることに繋がります。

インビザライン

インビザラインは、一般的なワイヤーを使った矯正とは異なり、透明なマウスピース型の矯正装置を使って歯並びを整える画期的な矯正システムです。
米国のアライン・テクノロジー社によって開発されたインビザラインは、世界80カ国で導入されており、現在までに世界中で300万人以上の治療実績があります。

インビザラインのマウスピース型の矯正装置は、患者様お一人おひとりの口に合わせてオーダーメイドで作製します。
ごく薄く透明なだけでなく、口にフィットしているので、装着していても周りの人に気付かれることはほとんどありません。

インビザライン
インビザライン

インビザラインの特徴

インビザラインができるまで

インビザラインの特徴

周囲に気付かれずに治療できる

インビザラインの矯正装置はプラスチック製で透明なので、装着していても目立たず、矯正治療をしていることが見た目にはほとんど分かりません。
インビザラインなら人前に出るお仕事をされている方でも、見た目を気にすることなく安心して歯並びを整えることができます。

装置を気にせずに食事ができる

インビザラインの矯正装置は、ワイヤーを使った固定式の矯正装置とは異なり、食事の際には矯正装置を取り外すことができます。
そのため、食べ物が装置に付着したり、挟まったりする心配もなく、治療前と同じように食事を楽しむことができます。
また、歯磨きも装置を取り外して行なうことができます。

痛みや違和感が少ない

インビザラインは、過度な力をかけることなく少しずつ歯を移動させるため、ワイヤーを使った矯正よりも痛みが少ないといわれています。
また、矯正装置が薄くやわらかいプラスチック製なので、装着時の違和感が少なく、発音が妨げられることもありません。

治療の段階に合わせて付け替える

インビザラインは、約二週間ごとに歯並びの改善の段階に合わせて作製された新しい矯正装置に付け替えることで、歯を動かしていきます。
患者様ご自身で装置を付け替えていただくので、患者様にしっかりと管理していただく必要があります。

このような方にオススメ

人前に出る機会が多い方

薄く透明なマウスピース型の矯正装置は、装着していることがほとんど分からないので、接客業や営業職などの人前に出るお仕事をされている方でも、矯正していることを気付かれずに歯並びを整えることができます。

装忙しくて頻繁に通院できない方

インビザラインは治療を始める前に綿密な治療のシミュレーションを行ない、そのデータをもとに治療終了時までに必要な矯正装置をすべて一度に作製します。
このため、何度も型採りや調整のために通院する必要もなく、忙しい方でもスムーズに治療を進められます。

金属アレルギーがある方

インビザラインの矯正装置はプラスチック製で金属は使用していないため、金属アレルギーで矯正治療をあきらめていた方も、安心して歯並びを整えることができます。

Q&A

Q
マウスピースでなぜ歯が動くの?
A

インビザラインでは、まず治療前に歯型を採り、その歯型のデータをもとにコンピュータ上で綿密に歯の移動のシミュレーション行ないます。
そのシミュレーション通りに歯の移動段階に合わせてマウスピース型の矯正装置を複数作製し、患者様に一日20時間以上装着していただきます。
矯正装置のプラスチックの弾力が少しずつ歯を移動させ、約2週間ごとに新しい装置に着け替えることで、シミュレーション通りに歯並びを整えることができます。

Q
何歳ころからインビザラインで治療できますか?
A

第2大臼歯(一番奥から二番目の奥歯)が生えそろうころから治療を受けることができます。おおよそ小学生高学年から中学生の時期です。
ただし、口の中の成長度合いによって矯正を開始できるタイミングは異なりますので、まずはご相談ください。

Q
どんな歯並びでもインビザラインで治療できますか?
A

インビザラインは幅広い症例に対応が可能なだけでなく、部分矯正なども行なうことができます。
ただし、骨格自体を矯正する必要があるケースや、歯並びの乱れがかなり複雑なケースでは、インビザラインでの治療が適していない場合もあります。
その場合でも、他の矯正方法と併用することで効率的に治療ができる場合もありますので、詳しくはご相談ください。

Q
ワイヤー矯正よりも治療期間は長い?短い?
A

インビザラインは弱い力で少しずつ歯を移動させていきますが、インビザラインの矯正装置は、最も効率的に歯を動かすようにシミュレーションを行なって作製されているため、目標の歯並びになるまで最短時間で歯を移動させることができます。
そのため、一般的なワイヤー矯正と同じくらいの期間、もしくは短い期間で歯並びを整えることができます。

顎関節症/噛み合わせ

顎関節症とは?

顎関節症とは、何らかの要因によって顎の骨や周囲の筋肉に過度な負担がかかり、顎の機能に障害が起きたときにあらわれる症状の総称です。
顎関節症の原因は、ストレスや姿勢の悪さ、クセなどさまざまなものがありますが、大きな原因のひとつに「噛み合わせの悪さ」があります。
噛み合わせは、全身の健康状態をバランスよく保つために、重要な役割を果たしています。
噛み合わせの位置がずれていると、周囲の筋肉に常に緊張が生じ、顎関節症だけでなく肩や首のコリ、目のかすみなどの全身の体調不良を引き起こす原因にもなります。
噛み合わせが原因の場合は、被せ物などの調整や矯正治療を行ないます。

顎関節症とは?

こんな症状ありませんか?

顎関節症や噛み合わせに不具合があると、下記のような症状がでます。
もしこのような症状がある場合は、放置せずにできるだけ早く治療をはじめましょう。

こんな症状ありませんか?

顎関節症の治療

顎関節症の原因を検査し、患者様の状態に合った治療をご提案致します。治療方法はさまざまですが、主に以下のようなものがあります。

スプリント療法

スプリント(マウスピース)を装着することで顎関節や筋肉への負担を軽減させ、症状の緩和や改善を目指します。

被せ物の調整、矯正治療

噛み合わせが原因の場合は、銀歯などの被せ物の調整や歯並びの改善をすることで、噛み合わせを正しい状態にします。

外科療法

症状が重度で関節内に強い炎症がある場合には、針をさして関節内部の物質を洗い流す処置を行ないます。
また、関節内で関節円盤と骨の癒着がある場合には、それをはがす手術を行ないます。