お電話はこちら 06-6991-0225
  • お問い合わせ
  • English
concept

辻田歯科医院が考える治療

title

辻田歯科医院が考える治療

当院のコンセプト

当院では、「予防歯科」「抗加齢歯科」「口腔内科医」「全人的医療」の4つのコンセプトを核として診療を行なうことで患者様の口の健康を取り戻し、それを生涯保ちつづけられるようお一人おひとりに合った治療をご提供いたします。
当院がとくに力をいれているのは、治療後のメンテナンスです。虫歯や歯周病などの病気や、口のトラブルが再発しないように維持管理していくことが、歯科医療にとってもっとも大切だと考えております。
そして、どのように自分の歯を生涯にわたって守っていくかということを患者様と一緒に向き合っていきたいと思っております。

予防歯科

日本では、歯科医院には歯の病気やトラブルを自覚してからいくという方がほとんどですが、海外では、歯の健康を守るために定期的に歯科医院に通うという「予防歯科」の考え方が一般的となっています。

歯科先進国と比較した日本の現状

80歳以上での歯の残存数

column

歯科先進国であるスウェーデンが80歳以上での歯の残存数が20本であるのに対し、日本ではその半分以下のたった10本というのが現状です。
歯の健康を守るという予防歯科への意識の違いが、この結果を引き起こしているのです。

日本でも、平成元年より厚生省(当時)と日本歯科医師会が「80歳になっても20本以上の自分の歯を保とう」という「8020(ハチマルニイマル)運動」を開始させましたが、残念ながら歯の健康を守るために歯科医院に通うという意識はまだまだ浸透していません。

大切なのは病気の原因を知り、対処すること

虫歯や歯周病などの病気は、毎日の歯磨きや生活習慣、体質などが原因です。それらの病気になりやすいということは、その原因を認識できておらず、改善や適切な対処がなされていないからです。
病気の原因を放置しておけば、何度も治療を繰り返すことになり、歯を傷めつけることで最終的には歯を失ってしまうことにつながります。

歯を失えば、好きなものを存分に噛んで味わうことはできません。好きなものを食べることができず、毎日の食事で常に不自由を感じるとしたら、それは豊かな生活といえるでしょうか?

当院では、あなたの歯の病気やトラブルの原因を明らかにし、患者様お一人おひとりに対して適切なケアを行います。

今後も豊かな生活を送るために、歯が悪くなってから歯科医院にいくのをやめて、歯を守るために歯科医院にいきませんか?

抗加齢歯科

「抗加齢歯科」とは、「口のアンチエイジング」のことをいいます。
アンチエイジングというと、とくに女性は「肌のアンチエイジング」を実践されている方がいらっしゃるのではないかと思います。
「肌のアンチエイジング」では、見た目の若々しさを取り戻すケアを行ないますが、「口のアンチエイジング」である「抗加齢歯科」では、加齢による口のトラブルが発生するのを防ぐ、または発生してもその進行を遅らせるケアを中心に行っていきます。
そして、口の健康を保つことが口元の見た目の若々しさを保つことにもつながるのです。
口の老化、加齢を自覚する口の症状には、下記のようなものがあります。

口の老化、加齢を自覚する症状例

歯の喪失、歯肉の腫れや出血(歯周病)、口臭、味覚障害、ドライマウス(口腔乾燥症)など
また、口腔環境の悪化が全身へ悪影響をおよぼすということも分かってきています。

口腔環境の悪化による身体への影響

○歯周病との関連性が指摘されている病気

狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、妊娠性歯肉炎、低体重児早産、誤嚥性肺炎、骨粗鬆症、腎炎など

○ドライマウスによる影響

虫歯、歯周病、誤嚥下性肺炎、摂食嚥下障害、免疫の低下など

このように、口は身体機能の維持や生活の質に大きく関わっている気管であり、口の老化は全身と生活にとって大きな問題であることが分かります。

老化、加齢が進んで口のトラブルや病気が進行してから対応するのではなく、若いうちから対応し、症状が出ないようにする、症状が出るを遅らせる、症状が出てもその進行を遅らせるということが大切です。

口腔内科

歯や口腔内の症状が、全身疾患などの身体の状態が原因で引き起こされていることがあります。
そのわかりやすい例として、歯肉からの出血の原因が白血病だったり、歯の痛みの原因が脳腫瘍だったりということがあります。

そのほかにも、口の症状と全身の状態の関連性にはさまざまなものがあり、糖尿病などの病気治療のための薬の影響による口腔乾燥症(ドライマウス)、神経疾患や血液疾患による口腔内の異常、またはビタミン不足やストレスなどによる口腔内の異常などが起こることがあります。

このように、歯が痛い、顎が痛いといった口に関連した症状であっても、身体の他の部分の問題が原因となっていることがあるのです。
当院では、口腔内の症状を全身の問題と関連があるととらえる「口腔内科」の考えで診断を行ない、患者様にとってベストな治療をご提供いたします。

全人的治療

「全人的医療」とは、ただ単純に歯の病気や口のトラブルの治療を行なうのではなく、患者様の心理、社会的側面など幅広く考慮しながら、患者様お一人おひとりに合った総合的な診断・治療および予防やメンテナンスを行なう医療のことをいいます。

私たちは、歯科医院は、ただ歯の悪いところを治療するためにいくだけのところではなく、歯の病気やトラブルを予防するために通うところであるべきだと考えております。
なぜなら、異常を自覚してからの対応では、痛みや不調によるストレスは多くなり、治療にかかる時間も金銭的な負担も増え、患者様のQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)が低下してしまうからです。

患者様に歯が悪くなる前に来院していただくためには、ただ悪いところを治療する医院ではなく、予防もしっかりと行ない、患者様に寄り添い、患者様の立場にたった医療を提供できる医院であることが重要だと考えております。

当院では、歯や口に起こった問題の原因をつきとめ、今後同じようなことが起こらないよう患者様にとってベストな予防ケアをご提供し、生涯にわたって口の健康をサポートさせていただきます。