お電話はこちら 06-6991-0225
  • お問い合わせ
  • English
concept

デンタルドック

title

デンタルドック

デンタルドックとは

デンタルドッグでは、人間ドックと同じような口の健康診断のことで、口腔の状態を客観的に調べ、今後起こりうるトラブルを未然に防ぐことを目的としています。
検査項目は、歯や歯肉の検査はもちろんのこと、顎関節の検査、咬合(噛み合わせ)の検査、口周りの筋肉の検査などもがあります。

デンタルドックの目的

デンタルドックの目的

虫歯や歯周病という病気になり、症状が進んでしまうと最終的には歯を失うことになります。
歯を失うと、食べられるものが少なくなり、消化不良も起こしやすくなるだけでなく、発音にも障害がでるので、会話を楽しむこともできなくなります。

人間だから、何とか機能を回復すべく治療出来ますが、野生の動物であれば、歯を失うことは、直接死につながります。

また、歯に問題が起こると、見た目も若々しさを失ってしまいます。最近では、歯の疾患が、心臓や肺、脳と言った全身の病気に関連していることも分かってき ています。
このように、歯の健康は全身の健康と生活の質を大きく左右するのです。

デンタルドックの目的は、精密検査を受けていただくことで、口の中の病気を早期発見するとともに、口腔の健康を悪化させる要因を見つけ出し、その要因を取 り除くベストな方法と対策を決め、口の健康を長期的に守る計画を相談することです。

デンタルドックで行なう検査

当院のデンタルドックでは、下記のように21の項目にわたってあらゆる角度から口の中を徹底的に検査いたします。

問診やお口の検察

1. 問診によるこれまでかかった全身の病気および歯や口の病気の確認
2. 患者様の気になることやご要望、問題点の確認
3. 口腔癌検査
4. 虫歯やひび、摩耗の有無などを確認する歯の検査

歯周検査

5. 歯と歯肉の間の溝を検査し、病気の有無を確認
6. 歯肉組織の状態(質、量、および退縮レベル)のチェック
7. 歯の動揺度の測定や、問題の別の兆候のチェック
8. 詰め物や被せ物による歯肉のトラブルの有無をチェック

顎関節の整形外科的検査

9. 触診による顎関節の炎症のチェック
10. 関節可動域テストによる顎運動のチェック
11. 聴診器による顎関節の音のチェック
12. 顎関節円盤をチェックする為の整形外科的な負荷テスト

口周りの筋肉検査

13. 口の中と外すべての一連の筋肉の触診(顎の疲労や不快、緊張などの兆候を見つけるため)

咬合検査

14. すべての歯が均等に噛み合わさっているかの工学的なチェック
15. 顎をあらゆる方向に動かしたときの歯の接触具合をチェック

レントゲン撮影

16. 全顎を撮影できるレントゲン機器で撮影し、虫歯や感染、骨の状態をチェック
17. パノラマ式レントゲンで撮影し、上下の顎と顎関節の状態をチェック

診断用研究模型の作製

18. 2セットあり、一つは基本となるもの、もうひとつは3次元で計画した青写真となるものを作製
19. 顎のシミュレータとして模型を作製するための計測
20. どのように歯を噛み合わせるかの測定

診断用の写真撮影

21. 歯と歯肉の状態と、審美を評価するために口全体の写真を撮る

なぜデンタルドックが必要?

世界でも権威ある歯科卒後研究機関である米国のパンキー研究所で予防歯科とメンテナンスについて学び、その考えを日本で広めるべく尽力されてきた川村泰雄先生は、予防的な口全体の歯科治療の実績を、「30年間のメンテナンスデータ」という論文にて発表されています。

その論文では、精密な検査のもと適切な治療を受けてメンテナンスをしていけば、歯の健康を長く維持し続けられる、ということが示されています。

デンタルドックの必要性は、現在気付いていない口のトラブルやリスクを発見し、対策をたててメンテナスしていくことで、より健康は口腔状態に導いていけるところにあります。

なぜデンタルドックが必要?

治療の繰り返し、もうやめませんか?

現在、日本は長寿国となりましたが、残念ながらそのほとんどの方が入れ歯を必要としています。
歯科先進国ではるスウェーデンでは80歳での残存歯数は平均20本であるのに対して、日本の80歳での残存歯数の平均は、たった8本と非常に低い数値であるのが現状です。

なぜなら、虫歯や歯周病などの病気にかかっても、ただ治療をするだけでその原因を知ることがないからです。
原因を知らず、対策もしなければ、同じことが繰り返されるだけです。また同じ病気になり、治療するたびに処置の範囲は大きくなって歯を傷付け、治療に時間も費用もかかったにもかかわらず、もろくなった歯は抜け落ちてしまうのです。

そんな治療の繰り返し、もうやめませんか?
歯を削るために歯科医院に行くのではなく、歯を守るために歯科医院に来ませんか?

当院では、パンキー研究所で学んだドクターが、デンタルドックで丁寧に口の中を検査し、あなたの口の将来にとって最もよい治療とメンテナンスをご提供いたします。
皆さまが歯で悩まない充実した生活を過ごせるよう、生涯にわたって誠心誠意サポートさせていただきたいと思っております。ぜひご相談ください。