お電話はこちら 06-6991-0225
  • お問い合わせ
  • English
column

コラム

title

コラム

大都市圏で感染者割合増 白血病ウイルス108万人
母乳を通じて母子感染し、白血病などを引き起こす可能性がある成人T細胞白血病ウイルス(HTLV1)について厚生労働省研究班が約20年ぶりに実施した調査で、感染者の地域別割合がもともと高かった九州で減少し、関東や中部、近畿の大都市圏で増加したことが27日、わかった。
 国内の感染者週は約108万人と推計。旧厚生省研究班が1988-90年度にまとめた調査の約120万人と比べ大きな変化はなかった。これまで全国的な対策は取られておらず、子供への感染を防ぐ取り組みが急務となりそうだ。

 研究班班長の山口一成(やまぐち・かずなり)国立感染症研究所客員研究員は大都市件での割合増加について、感染者が多い九州からの人の移動が背景にあると指摘。「妊婦への抗体検査や授乳指導えい実施している自治体は一部に限られ、感染者総数もあまり減少していない」と話した。
 HTLV1はATLと呼ばれるタイプの白血病や、歩行障害などが出る脊髄(せきずい)症(HAM)の原因となる。ATLの発症率は3-5%。
根本的な治療法はなく、年間約千人が亡くなっている。

 今回の調査は、2006-07年に初めて献血した全国の約119万人うぃ対象に実施、3787人の感染が確認された。

 感染者の地域別割合は、九州が前回調査の50.9%から41.4%に減少。一方関東は17.3%(前回10.8%)、中部8.2%(同4.8%)、近畿20.3%(同17.0%)で、いずれも前回より増加した。

 前回と比較できるデータはないが、北海道は2.3%、東北は3.4%、中国四国は7.2%。

 母親が感染している場合、母乳などを通じた母子感染率は20%程度とみられるが、粉ミルク使用や、生後3ヶ月までの短期授乳などで感染をほぼ阻止できるとされる。

 厚労省のよると、妊婦健診時の検査や授乳指導を公費で実施している自治体は、岩手、秋田、静岡、高知、長崎、宮崎、鹿児島県など一部にとどまっている。

▽成人T細胞白血病ウイルス

 成人T細胞白血病ウイルス(HTLV1)白血球の一種であるリンパ球に感染するウイルス。母乳のほか血液、性的接触を介しての感染もある。輸血血液については1986年に安全検査が導入された。白血球(ATL)を発症すると死亡率が高く、人口動態統計によると2007年には全国で1075人がなくなった。歩行障害などがでる関連疾患の脊髄(せきずい)症(HAM)患者は約1500人いるとされ、09年度に難病に指定された。いずれも根本的な治療法は確立していない。