お電話はこちら 06-6991-0225
  • お問い合わせ
  • English
column

コラム

title

コラム

新型インフル:大阪の患者もタミフル耐性 世界2例目
また、関西発ですか。

厚生労働省は2日、大阪府内の新型インフルエンザ患者から、インフルエンザ治療薬「タミフル」に耐性をもつウイルスが検出されたと発表した。タミフル耐性のウイルスが確認されたのは、デンマークの患者についで世界2例目。患者は既に回復し、感染は広がっていないため、厚生労働省は「公衆衛生上の危険はない」としている。
 厚労省によると、患者は5月24日に微熱が出て、28日に発熱相談センターに連絡。同29日に新型インフルエンザと診断された。治療薬のリレンザを投与され既に回復している。

 この患者は、家族が5月中旬にインフルエンザに感染していたため、発症前にタミフルを予防投与されていた。不審に感じた医療機関が検体を府公衆衛生研究所に送り、ウイルスを培養して遺伝子を調べたところ、変異が見つかった。

 インフルエンザウイルスは変異が起きやすく、Aソ連型のウイルスの多くにはタミフル耐性があった。製薬会社の添付文書では、タミフル投与されたインフルエンザ患者の0.3〜4.1%に耐性ウイルスが出現するとされている。