お電話はこちら 06-6991-0225
  • お問い合わせ
  • English
column

コラム

title

コラム

悪性脳腫瘍:「がん幹細胞」変える遺伝子発見 再発防止へ
 悪性脳腫瘍の中でも悪性度の高い膠芽(こうが)腫の再発原因となる「がん幹細胞」を、再発しないがん細胞に変化させる遺伝子を発見したと、山形大と国立がん研究センターのチームが7日までに、米専門誌ステムセルズに発表した。
 
毎日新聞 2011年9月7日
膠芽腫は手術などで除去しても再発することが多い。がんの中には無限の増殖能力を持ち、放射線や抗がん剤も効きにくいごく少数の「がん幹細胞」と、増殖能力がなく治療しやすいその他大勢のがん細胞とがあることが最近の研究で分かってきており、根治にはがん幹細胞の根絶が必要と考えられている。
 チームはがん幹細胞とその他のがん細胞を比較し、がん幹細胞で働いてない「FoxO3a」という遺伝子に着目。がん幹細胞でこの遺伝子を活性化させると、増殖能力のないがん細胞に変化した。
 山形大の北中千史教授(脳腫瘍学)は「この発見で、脳腫瘍の根治が期待できる」と話す。山形大は遺伝子を活性化させる薬を開発しており、動物実験で効果を確認するなど実用化に向けた研究を進めている。