お電話はこちら 06-6991-0225
  • お問い合わせ
  • English
column

コラム

title

コラム

AES 報告2

 

 

やはり、咬合の中心は、我らがPankeyです。

 

 日本では、Dawsonの方が有名なようですが、DawsonPankey のお弟子さんです。

 

 残念ながら今回、Dawsonは来ていませんでした。

 

 

 しかし、なんとPankey Menの多いことか。

 AESのバッジを付けた人が多いのは当然なのですが、次に多いのは、Pankey のバッジではないでしょうか。

 

 ということで、二日目のランチミーティングでも、隣の方とPankey の話で盛り上がったりするのです。

 

 講演詳細については、DVDをオーダーしてますので、HDAでも検証したいと思います。